ダイフルカン通販で買える、安価で安全なジェネリック

\90秒で注文完了/ダイフルカンの購入はこちら
通販を利用している女性 ダイフルカンはカンジダ症の治療に活躍します。

意外と女性にとっては少なくない悩みのカンジダ。

病院で診てもらうのも抵抗がある、そんな時には通販で買えるダイフルカンの出番です。

ダイフルカンはれっきとした医薬品なので、症状に的確な作用を引き起こしてくれます。

こんなダイフルカンですが、実はジェネリック医薬品とよばれるものが作られていることはご存知でしょうか?

人によっては活用頻度の高いダイフルカンがジェネリックとして買えたら金銭的に助かる、という人は多いのではないでしょうか。

ここでは、ダイフルカンのジェネリックについて紹介します。

通販で買えるダイフルカンのジェネリックについてくわしく知ろう

薬のイメージジェネリック医薬品という名前を、薬局や病院で耳にする機会も増えてきたと思います。

ジェネリック医薬品は、調剤薬局で取り扱われる薬の中でも安く販売されているものです。

薬局などで薬を処方してもらう際に、ジェネリックを出しても大丈夫かという確認をとられた経験はないでしょうか?

このように、日本においてもジェネリックの普及率は順調に上がりつつあります。

そもそもジェネリック医薬品とは?

そもそも、ジェネリック医薬品はどんな医薬品のことを指しているのでしょう。

ジェネリック医薬品とは、製薬会社が作った新薬と同じ有効成分、同じ効能を持つ薬として認められた医薬品です。

開発を経て薬品という形になり、試験で安全性を認められてようやく新薬として販売が許可されます。

新薬は製薬会社が1から開発研究を進めて作り出した医薬品なので、開発までにかなりの時間やコストがかかっています。

これでは製薬会社側の負担や出費が大きすぎるので、新薬の利益が他の製薬会社に横取りされないように、新薬の販売権を一定の期間で製薬会社が独占できる『特許権』を設けます。

特許権を得ている新薬は、製薬会社が決めた価格で販売することができるのです。

安く買いやすく作られたのがジェネリック医薬品

薬のイメージ特許権の期間はおよそ20年です。

特許権がなくなって初めて、新薬を基にしたジェネリック医薬品が作られるようになります。

ジェネリック医薬品は新薬を基盤に作られるので、新薬に比べると開発期間や開発費用が少なく済みます。

このような理由から、ジェネリック医薬品は新薬よりもずっと安い価格で販売することができます。

ジェネリック医薬品は新薬とは別に開発されたものですが、新薬を基盤に意識して作られた医薬品なので、新薬とほとんど同じものとして取り扱われます。

そのため、ジェネリック医薬品でも新薬と同じ効果が期待できるのです。

ジェネリック医薬品が普及すると、多くの人が薬を買いやすくなったり医療費を抑える効果につながるので、日本の調剤薬局でもジェネリック医薬品の使用が推奨されるようになりました。

先進国を中心に、ジェネリック医薬品を取り扱う医療機関は徐々に増えつつあります。

通販でジェネリックのダイフルカンを購入してみよう

薬のイメージジェネリック医薬品が開発されるに至るまでどんな流れがあるのか、どのように役立てられているのかについて何となくわかってきたのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品は、幅広い人が医薬品を購入しやすくなれるように作られたものなので「薬代を節約したい」という理由からジェネリック医薬品を選んでも問題ありません。

では、ここで注目されているダイフルカンのジェネリック医薬品を購入してみましょう。

ダイフルカンのジェネリック医薬品は、これまでどおりダイフルカンの通販サイトを使って簡単に購入できます。

通販にあるダイフルカンはジェネリックのフォルカン

実は通販サイトで『ダイフルカン』として取り扱われているのが、ダイフルカンのジェネリック医薬品にあたる『フォルカン』なのです。

なので、これまでどおりダイフルカン通販を利用することで、ダイフルカンのジェネリックの購入手続きを完了させていることになります。

フォルカンに含まれている有効成分はフルコナゾールで、もちろん新薬のダイフルカンと同じものが使われています。

ダイフルカンとフォルカンの価格を比較

ダイフルカンのパッケージではここで、病院で販売されているダイフルカンと通販で販売されているフォルカン(ダイフルカンジェネリック)の実際の価格を比較してみましょう。

病院のダイフルカンが1カプセル100mgの成分量で作られている場合、1カプセルあたり約700円という価格がつけられます。

続いてフォルカンですが、フォルカンは1カプセル150mgと200mgの成分量しか作られていません。

150mgの場合は1カプセルで150円以下、200mgの場合1カプセルで250円以下という価格になっています。

この情報から計算すると、フォルカンが1カプセル100mgだった場合は1カプセル約125円の価格がつくことになり、病院のダイフルカンの1/5以下の価格で購入できることがわかります。

このように、ダイフルカン通販においてもジェネリック医薬品を活用すると思わぬ得があるので、薬を購入する際はジェネリック医薬品を意識して損はないでしょう。

ダイフルカンの購入はこちら